6スタ音楽制作オンラインサロン内の歌ってみたMIXコンペへ素材提供をいただきました、「ちこ♡イラスト依頼&歌ってみた」さんの「ゆめいっぱい/アニメちびまる子ちゃん初代OP歌ってみた!Covered by Chiko」の歌ってみたMIXについて解説をいたします。

公開されたYouTube動画

歌い手さんご紹介

今回は「ちこ♡イラスト依頼&歌ってみた」さんに歌ってみた素材をご提供いただきました。

MIX師さんご紹介

歌ってみたMIXについては、6スタ音楽制作オンラインサロン内の歌ってみたコンペにてわだめたるさんが優勝となりましたため、本音源の正式なMIX師となっていただきました。

わだめたるさんのプロフィール

歌ってみたMIX解説

「ゆめいっぱい/アニメちびまる子ちゃん初代OP歌ってみた!Covered by Chiko」の歌ってみたMIXについて、わだめたるさんには以下の5点について解説をしていただきました。

①最初に音源を聴いた時の感想・それを聴いてどのように処理していこうと考えたかの方針

まず一通り歌の音源を聴いたら、割とよくある部屋鳴りが強いとまでは言わないですが、結構入ってる音源でした。なのでそこをどう手をつけていこうかというところから考えました。

その部屋鳴りは結果的にどうされましたか?

要所要所は抑えてはあるんですが、あまり抑え過ぎてしまうとちこさんの「声の可愛さ」という魅力が消えてしまいそうだったので、そこを失わない程度に処理をしていきました。

部屋鳴りの解消はやはりiZotope RXで処理されたのですか?

おっしゃる通り、RXをスタンドアローンで立ち上げてそこにボーカル素材を読み込ませて処理しました。結構神経質な方なので(笑)いつも一言一言を聴きながら処理していますので、一番時間かかりましたね。

基本的には聴きながら処理していますが、上の赤枠で囲っているところは確実に部屋鳴りなので、分かる箇所はどんどん「Gain」を使って処理をしていきます。
またこういうところでクオリティに差が出ると思っているので、かなり丁寧に処理しています。

それ以外にこだわった点や、注意したところ・難しかったところなどあれば教えてください。

自分にとってかなり懐かしい楽曲でしたので、その時代のサウンドや雰囲気、原曲の持つキャラクターから離れ過ぎないようにするというところと、ちこさんの歌の「可愛らしい」部分をどれだけ残せるかというところはこだわったところで、かつ気をつけたところですね。

ありがとうございます。それではここからは実際のMIX作業について詳しく伺っていきたいと思います。

※ 以下より有料記事となります。※