6スタ音楽制作オンラインサロン内の歌ってみたMIXコンペへ素材提供をいただきました、「腐利たん(吉埜由利子)腐女子ンガーソングライター」さんの「強風オールバック/Yukopi  歌ってみまうすた(Cover) / カクウカ(腐利たん)」の歌ってみたMIXについて解説をいたします。

公開されたYouTube動画

歌い手さんご紹介

今回は腐利たん(吉埜由利子)腐女子ンガーソングライター」さんに歌ってみた素材をご提供いただきました。

MIX師さんご紹介

歌ってみたMIXについては、6スタ音楽制作オンラインサロン内の歌ってみたコンペにてDavid Shimamotoさんが優勝となりましたため、本音源の正式なMIX師となっていただきました。

David Shimamotoさんのプロフィール

歌ってみたMIX解説

「強風オールバック/Yukopi  歌ってみまうすた(Cover) / カクウカ(腐利たん)」の歌ってみたMIXについてDavid Shimamotoさんには以下の5点について解説していただきました。

①最初に音源を聴いた時の感想・それを聴いてどのように処理していこうと考えたかの方針

歌とオケを聴いてイメージしたものを元に、2つをいかに融合していくか、ということを重視しました。

ちなみに、作業に入る前に原曲は聴かれましたか?

まず、原曲を聴かないで作業をスタートしました。
一通りエディット等も終わった後に「どこか特殊なエフェクトがかかってないか?」を確認するために聴きました。
例えば、原曲を知っている人が聴いて「このポイントでエフェクトが入ってくる」だろうと期待されるポイントを探るくらいです。

なるほど!
今回のボーカル音源やオケを聴いて気をつけたいと思ったポイント等ありますか?

今回、ボーカルについては割と綺麗に録れていると思いました。オケのバランスの問題等は特に見当たらなかったので、扱いやすい音源だと思いました。

というと、全体的にスムーズにエディット、MIXを進めることができたということですか?

そうですね!エディットする前に6〜7割方全体のMIXを完成させました。エディットする前まで完成させたセッションファイルをコピーしました。そのセッションファイルを、メロダインでエディットをしたり、クリップゲインのオートメーションを書いたりしました。

※クリップゲインを書いたオートメーション(上から2段目)

ありがとうございます。それではここからは実際のMIX作業について詳しく伺っていきたいと思います。

※ 以下より有料記事となります。※